白昼夢を散歩 7

f:id:jerich:20170818213127j:plain

真夏の真昼

 

f:id:jerich:20170818213130j:plain

立ち眩みは白昼夢との境界

 

f:id:jerich:20170818213138j:plain

手をついた見知らぬ壁

 

f:id:jerich:20170818213143j:plain

そしてまた、壁。

 

f:id:jerich:20170818213339j:plain

階段は行き止まり

 

f:id:jerich:20170818213342j:plain

それとも痕跡?

 

f:id:jerich:20170818213346j:plain

扉は見つからず

 

f:id:jerich:20170818213352j:plain

樹木に根は無く

 

f:id:jerich:20170818213356j:plain

電車はやって来るだろうか。

 

 

 

本日は『トマソン』が混ざっています。

路上観察に華を添えてくれる存在ですが、昭和が遠ざかるにつれて消えてゆくものなのでしょうか。

まだあるうちに探しておきたいですね。