日本全国名付け紀行 「て」

「全国方言辞典」からの抜粋です。


全国方言辞典

全国方言辞典

 

※細心の注意を払って記事を作成していますが、かなり長期的な作業になるので間違いも出てくると思います。資料として使用される方は原典の確認をお願いいたします。※

※差別的表現が出てきますが、言葉と時代背景は切り離せないものなのでご理解のほどお願いいたします。※

てーだ [南島] 太陽。
でーでー ①[福島県伊達郡] 兄。②[栃木県芳賀郡群馬県佐波郡] 神楽。*1
でーなん [千葉県安房郡千倉] 遠くの沖合。
てしー [南島国島] 暗礁。*2
てしゃ ①[仙台] 剣槍の上手。②[対馬・鹿児島] 相撲の巧者。*3
てしゅ [石見] 濁酒。
てだ [南島] 日。太陽。
てと ①[鹿児島県東南方村] 父。②[和歌山県東牟婁郡] しんがり。終。
でな [岩手県和賀郡・宮城・山形・福島] 出額。おでこ。
てなご [茨城県真壁郡] 丹精。*4
てなむ [宮崎県西諸県郡熊本県宇土郡・鹿児島] (動詞)連れだつ。伴う。*5
でなん [青森県上北郡] 沖合。*6 

f:id:jerich:20170918232805j:plain
「でーろでーろ」は「蝸牛」(群馬県吾妻郡・埼玉県秩父郡)。
「てこな」は「蝶」(津軽・青森)。手に粉が付く?
「てつ」は①「河豚」(大坂)。②「茶碗酒」(長野)。
「てぶら」は「蝶」(岩手県釜石)。手荷物があったら飛べませんよね。
「てれすけ」は「愚鈍者」「ばか」(熊本)。*7
「てれる」(動詞)は「赤くなる」「赤面する」「恥をかく」「手持無沙汰になる」「見劣りする」「灼熱する」「消える」「かげる」「炭火が灰になる」(地方は省略します)。
「てんかつじ」は「山頂」「嶺」(岐阜県大野郡)。*8
「てんくゎっちょ」は「おてんば」(熊本)。
「てんかぼし」は「炎天下に無帽でいること」(愛媛県喜多郡)。
「てんがらこ」は「蝶」(岩手県九戸郡)。
「でんき」は①「傷痕」(南島石垣島)。②「意地」「頑迷」(山口県玖珂郡・周防大島)。
「てんじん」は①「大夫の下の遊女」(上方)。②「よたか」(長崎)。
「てんぷら」は「木の頂」「こんにゃくの煮た物」「鰯の団子汁」「焼魚に葱の煮た物を添えた料理」(地方は省略します)。*9
「でんべらこ」は「蝸牛」(神奈川県三浦郡)。
「てんよ」は「心太」(仙台)。
「てんりょー」は「いたずら」(山口県玖珂郡)。

 

*1:「でーで」は「蝸牛」(福井県大飯郡)。

*2:国島?国頭だと思ったけれど。

*3:「てしゃぐ」(動詞)は「破壊する」(福井県大飯郡)。

*4:「てなごがいい」は「よく面倒などをみること」(埼玉県北葛飾郡)。

*5:Google検索すると焼肉屋が沢山出てきました。韓国語で「竹」だそうです。

*6:「ディナン」はベルギーの都市のようです。

*7:「でれすけ」も同じ意味(福島・関東)。

*8:「てんか」は「禿頭」(長野県下水内郡)。

*9:「てんぷらおんな」は「私娼」(静岡県田方郡)。