立川立飛 流鏑馬

2017年11月19日 (日) 、

ヤギ達の居たあの立川みどり地区にて流鏑馬が行われました。

 

立見席は無料でした。

タブレットの性能が悪いのですが、思っていたよりも近くで観る事が出来ました。

 

f:id:jerich:20171123001621j:plain

小笠原流」だそうです。

小笠原家の初代は、源頼朝の礼法・弓術・弓馬術の師範だったそうです。

 

f:id:jerich:20171123001625j:plain

的中!

完全に手離しで乗っていますね!

 

f:id:jerich:20171123001629j:plain

 

f:id:jerich:20171123001633j:plain

 

f:id:jerich:20171123001640j:plain

 

f:id:jerich:20171123001805j:plain

右(IKEAの方角)に向かって駆け抜けて三つの的を射て、終わると行列を組んで左(駅の方角)へ戻って行きます。

 

射手には女性、そしてポロの選手のフランス人男性も。

 

f:id:jerich:20171123001808j:plain

馬運車が左端にあったため、最後の行列が左へ着いてこれでおしまい、だと思ったのですが、また右へと戻って来ました。

もう人もだいぶ居なくてシャッターチャンス!

 

f:id:jerich:20171123001813j:plain

流鏑馬執行中、私は一番左の「一ノ的」付近に居たのですが、右端からはこの画質では見えないほど遠いです。

(肉眼では的の後ろのブルーシートが3つ見えていましたが…)

外から見るよりも何だか随分広いですよね!

改めて、ヤギ達の尽力を想いました。

 

f:id:jerich:20171123001849j:plain

ここで馬と一緒の写真も撮れました。

画像では分かりにくいのですが、この馬は少し毛足が長いと思いませんか(耳や額の星の辺りがモサモサ)?

種類を訊いたら、サラブレッド等ではない、宮城産の馬だとの事でした。JRAのふれあい馬を務めていたハロウィン号だそうです。

 

立川で大変貴重な経験をさせていただきました。皆様ありがとうございました!

 

 

 

 

~この場所~

 

このみどり地区ですが(2017年4月撮影)、

f:id:jerich:20170924223325j:plain

今はこんな看板が立っています。

f:id:jerich:20171123002541j:plain

 

f:id:jerich:20171123002546j:plain

こうなると流鏑馬は今回限りなのでしょうか。

 

部分的にヤギが復帰するにしても、杭打ちや基礎が終わるまでは無理ですよね…。