昔の本棚 1998年1月~

1998年

1月

楡家の人びと(上)

               北 杜夫

 新潮文庫            特A

楡家の人びと(下)

               北 杜夫

 新潮文庫            特A

夜あけ朝あけ

              住井 すゑ

 新潮文庫            特A

暗闇坂の人喰いの木

              島田 荘司

 講談社文庫            A

悪徳もまた

              宇野 千代

 新潮文庫             A+

黒いカクテル ジョナサン・キャロル短編集Ⅱ

         ジョナサン・キャロル

 東京創元社            A-

子どもの悲しみの世界 対象喪失という病理

               森 省二

 ちくま学芸文庫          A

田園交響楽

                ジッド

 新潮文庫             A+

妖精 Who's Who

        キャサリン・ブリッグズ

 ちくま文庫            A

その愛でいいの?

              家田 荘子

 集英社文庫            C+

カナリアの歌 自分のからだを

  愛せない人へのメッセージ  斎藤 学 編

 学陽書房女性文庫         D-

危険がいっぱい 世紀末人間のアブナイ欲望

              家田 荘子

 廣済堂              C

アニマル・ヒーリング 動物が病を癒す

         スーザン・マケルロイ

 学研               A

マンゴー通り、ときどきさよなら

         サンドラ・シスネロス

 晶文社             特A

おとうと

               幸田 文

 新潮文庫            特A

お師匠さまは魔物! 〈マジカルランド〉

         ロバート・アスプリン

 ハヤカワ文庫           C+

2月

預言者の名前

              島田 雅彦

 新潮文庫             B

小さな一歩から

              三浦 綾子

 講談社文庫            A

自由への一撃 現代ミステリーの至宝Ⅰ

          エド・ゴーマン 編

 扶桑社ミステリー         A

3月

オシャベリな目玉焼

              柴門 ふみ

 新潮文庫             B-

名門校 殺人のルール

         エリザベス・ジョー

 新潮文庫            特A

女優の条件 上

      オリヴィア・ゴールドスミス

 角川文庫            特A

女優の条件 下

      オリヴィア・ゴールドスミス

 角川文庫            特A

冬の運動会

              向田 邦子

 文春文庫            特A

 

f:id:jerich:20180329231313j:plain

昭和記念公園の人喰いそうな木。

 

f:id:jerich:20180329231316j:plain

黒い酒場。立川市

 

f:id:jerich:20180329231319j:plain

田園の小さな家。国立市

 

※以下、ネタバレと関連画像?が隠してあります。

楡家の人びと(上)(下)は、前月に斎藤茂太氏 (北杜夫氏の兄) の著作を読んでいたのでちょっとニヤニヤしました。ゼリーを独り占めしていた横暴な兄が精神科医とか!!

 

 

 

夜あけ朝あけ (新潮文庫)

夜あけ朝あけ (新潮文庫)

 

以前ブコメかどこかに書きましたが、夜あけ朝あけは「橋のない川」を読もうか迷っている方にオススメします。こういうヒューマニズムが好きかどうか、短めに、魅力は余さず体験できます。

 

 

 

暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)

暗闇坂の人喰いの木 (講談社文庫)

 

 

黒いカクテル―ジョナサン・キャロル短編集〈2〉 (海外文学セレクション)

黒いカクテル―ジョナサン・キャロル短編集〈2〉 (海外文学セレクション)

 

 

 

 

妖精 Who’s Who (ちくま文庫)

妖精 Who’s Who (ちくま文庫)

 

ヘッドリー・コウの話がお気に入りです。

自分が年をとった時、確実に貧しいと思いますが、このおばあさんのように心は豊かでいられるでしょうか。

 

 

 

マンゴー通り、ときどきさよなら

マンゴー通り、ときどきさよなら

 

1996年11月発売の「サンアントニオの青い月」 の方が題名が格好いいと思って先に読みましたが、マンゴー通りの方が良かったです。初っぱなから「トウモロコシの匂いのルーシー」でしたっけ。

 

 

 

おとうと幸田文氏は姉と弟が早世しているんですよね。

私は子供の頃しもやけ体質でしたが、今はあかぎれ体質です。どちらがマシなんですかね。

 

 

 

お師匠さまは魔物!―マジカルランド (ハヤカワ文庫FT)

お師匠さまは魔物!―マジカルランド (ハヤカワ文庫FT)

 

表紙の絵のせいか、女性が書いた話みたいな気がしていましたが、Wikipediaを見てもロバート氏は男性ですね。 

 

 

 

冬の運動会 (文春文庫)

冬の運動会 (文春文庫)

 

 

f:id:jerich:20180329231322j:plain

私が書いたんじゃないです。国立市

 

f:id:jerich:20180329231325j:plain

わ~危険危険!!立川市