昔の本棚 2003年3月

2003年

3月

骨まで盗んで ドートマンダー・シリーズ

     ドナルド・E・ウェストレイク

 ハヤカワ・ミステリ文庫      B+

ニュースになった犬

          マーティン・ルイス

 筑摩書房             A+

すんごくスバラ式世界

              原田 宗典

 集英社文庫            B

神様がくれたボクサー犬

         ルイーズ・バーニコウ

 講談社              A-

優秀犬パーネルと問題犬クレメンタイン

     ジェーン&マイケル・スターン

 松柏社             特A

長い雨

           ピーター・ガドル

 ミステリアス・プレス ハヤカワ文庫     A

2時間でわかる旅のモンゴル学

              佐々木 節

 立風書房            特A

英国式 愛犬のしつけ方

       シッスルドッグスクール校長 松本 和幸

 SEISHUN SUPER BOOKS       B

雁の寺・越前竹人形

               水上 勉

 新潮文庫             A

殺したのは私

         メアリ・H・クラーク

 新潮文庫             A+

「超能力」から「能力」へ

          村上 龍/山岸 隆

 講談社文庫            C-

日本仰天起源 荒俣宏コレクション〕

               荒俣 宏

 集英社文庫            B

白い犬とワルツを

             テリー・ケイ

 新潮文庫             A

看護婦探偵ケイト

        クリスティン・グリーン

 扶桑社ミステリー         A-

ブルドッグにたどりつくまで

               永山 巌

 丸善プラネット株式会社      A+

ペットは人間のお医者さん

               林 良愽

 東京書籍             B-

漂流物

              車谷 長吉

 新潮文庫             A

ロボットの時代

         アイザック・アシモフ

 ハヤカワ文庫           A

f:id:jerich:20180727013415j:plain

竹ひご?細工。こもれびの里。

f:id:jerich:20180727013418j:plain

竹人形?殿ヶ谷戸庭園

f:id:jerich:20180727013421j:plain

それぞれの成長。殿ヶ谷戸庭園

 

※熱いネタバレと、曖昧さと。

 

 

 雁の寺・越前竹人形…「雁の寺」は直木賞受賞作です。

「さいづち頭」を坊主にすれば映えそうですが、醜いとされていたんですね。

 

 

白い犬とワルツを (新潮文庫)

白い犬とワルツを (新潮文庫)

 

 

 

ブルドッグにたどりつくまでブルドッグ以前に飼っていたグレート・デーンとの写真も載っていたと思います。

ブルドッグの方は、1頭はチェリー・アイの手術中に、もう1頭は旅行帰りの車中で (置き去りではなく走行中に) 突然死してしまったそうです…。

短吻種は、表情豊かで可愛い上に思いやりのある行動を取る犬が多く、とても魅力的ですが長生きは難しいので、こういう本を読んで覚悟を決めてから飼うことを強くおすすめします。

世界ではようやく、犬種標準を見直し健全性を重視する風潮になってきたところですね。未来のブルドッグはきっと、少し面長で少し寿命が延びてくれるのでは。

 

 

漂流物…「猛母語録」みたいなのを書いていたのはこの人でしたっけ?関西風の歯に衣着せぬ口調で、親子共々頭がいいとは気づいていなさそうなところが印象的でした。散々筆者をこき下ろしますが、貴女の頭が良すぎて息子に遺伝したからこそ、この結果になったんでしょ、と。

 

 

 

f:id:jerich:20180727012856j:plain

雨?立川市

 

f:id:jerich:20180727012859j:plain

この木なんの木、アメフリノキ。

f:id:jerich:20180727012901j:plain

起きていますよ。

f:id:jerich:20180727012904j:plain

やっぱり眠い…。薬用植物園。

温室の中にありますが、どこまで育つのでしょう?