打ち切りで持ちきり! 2

シリーズっぽくなっていますが、内容は読み切りなので安心してご覧ください。

 

 

※童話にありがちな残酷表現注意!※

 

 

#011

物乞い(正体はつぐみのひげの王さま)「私のひげを笑ったお前は、永遠に口をつぐむがよい」

~The End~

 

 

#012

男が笛を吹くと、鼠たちは次々に川へ飛び込んだが、笛が上手すぎたのか泳げるようになってしまった。
かくして疫病は島国にも広がり、

(絶筆)

 

 

前から思っていましたが、童話より私の方が残酷ですよね。

 

 

#013

仕立て屋さんは見かけによらずけっぺきでハエが大きらいだったので、とくいのさいだんとほうせいでかんぺきな蚊帳をこしらえていたそうです。

 

 

#014

「それを恵んで」
女の子「何でもあげるわよ。あとでカラースターさえ降ってくれれば

だいぶ信心が足りないからカラースターも星の銀貨も降ってこないし、裸はマズいでしょということで打ち切り!

 

 

#015

「おおかみより どろぼうより いちばん おそろしいのは ふるい いえの あまもりだねぇ」
「はあぁ?30ぷんごに おなじことを いってみろや」
「がるるるる」

暴力的な表現を含むのではてなにより削除!!

 

 

#016

「おんちょろちょろ…」
「何ぃ?おらが音痴だと!?よろよろじじいだと?この恩知らずめ!!」

f:id:jerich:20190110083942j:plain

 

#017

ぼくは王さま。にわとりにがしちゃったけど、ぼくはえらいんだから何したってぼくのかってだろ。

f:id:jerich:20190110083948j:plain

 

#018

「森の奥の…お菓子の家…」
「絶対虫凄いわよね~やだ~サイテ~」

f:id:jerich:20190110083951j:plain

 

#019

「えっぼくがウソつくとか無理でしょ。相当高度なAI技術ですよそれ」

f:id:jerich:20190110083954j:plain

 

#020

妻「ああ、ちしゃが食べたい!」
夫「任せろ!」


~30分後~

ピンポーン
「ピザのお届けに参りましたー」

(夫の空耳)

 

自分が「ちしゃ」を食べたことがあるのかないのか不明です。

サンチュでいいんでしょうか?

 

夫妻「むしゃむしゃ」

(妻はつわりじゃないのか)

f:id:jerich:20190110083945j:plain

 

~出典~

#011 つぐみのひげの王さま

#012 ハーメルンの笛吹き

#013 勇ましいちびの仕立て屋さん

#014 星の銀貨

#015 ふるやのもり

#016 おんちょろちょろ

#017 おしゃべりなたまごやき

#018 ヘンゼルとグレーテル

#019 ピノキオ

#020 ラプンツェル

 

 

#018 お菓子の家が一番人気でした。