夏を思い出していた





永遠に感じた鮮やかな百日を