闇と輝きを繰り返し





気づかれないように

あまりにも疾く