燈火は思い出のため





燃やす事なく

次から次へと