遠い国からの太陽と





それでも

懐かしい言葉で