泣きはらした全ては





虹を待っていた