どうか永遠の眠りへ








いつかはあなたが

語らなくてもいい日が来るから