雲を分けた向こうに











何を求めて

目を凝らしてしまうのだろう