永遠のなかの庭園

写真を撮る機会が激減しております

燈火は思い出のため





燃やす事なく

次から次へと