永遠のなかの庭園

毎年恒例、画像処理能力の限界〜

湧き上がる香が零れる前に





差し出すこともできない手は

鼓動を抑えながら

可能な限りこの情景を胸に