DACHSHUND (LONGHAIRED MINIATURE)

ダックスフンド (ロングヘアード・ミニチュア)

 

 

1999年?

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20180922004715j:plain

当時としてはかなりレアカラーの犬を見つけて撮らせていただいたのですが、珍しすぎて人だかりもできなかった印象でした。

ダックスフンドの登録数は、1999年には既にトップだったようです。

f:id:jerich:20180922004717j:plain

f:id:jerich:20180922004720j:plain

左の犬の毛色は「ホワイトダップル」と教えていただいたのですが、今で言うと「ダブルダップル」?「レッドダップル&ホワイト」?

 

 

 

1999年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20180922004722j:plain

こちらは「ブリンドル」。大好きな毛色です。

f:id:jerich:20180922004724j:plain

テーブルに乗せる時は、ど真ん中ではなく端に立たせる決まりになっているようです。

 

 

 

ダックスフンド画像、他にもあるのですが、ダックスフンドのサイズ分け「スタンダード」「ミニチュア」「カニンヘン」 (大・小・極小) の区別があやふやなものもあり、どのように発表しようか悩んでいます。

 

 

 

 

 

 

私は犬の健康に不利益のある体型 (胴長短足や短吻) には心を痛めるタイプですが、レアカラーにはとにかくロマンを感じてしまうという悪癖があります…。

(ブリンドルなら健康に影響は無いと思いますが)

 

勿論、うちの先代犬の友達には胴長短足も短吻も居て、仲が良かった犬も、うちのプリミティブ雑種より長寿の犬も沢山居ます。