ふと見回した未来に





誰よりも疾走していた