永遠のなかの庭園

写真を撮る機会が激減しております

同じ夕暮れに向かう





どちらも

かけがえのない栖