永遠のなかの庭園

2014-03-15 開設。ありがとうございます

大河の流れのように





いつしか

語り部となる響きがそこに