永遠のなかの庭園

フィルム一眼、ガラケー、タブレット、コンデジ、スマホ画像。

WHIPPET

ウィペット

 

 

 

199X年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20190705091205j:plain

短毛ながら、とても目を引く犬種です。

 

 

 

1993年

JKCクラブ展?

f:id:jerich:20190705091217j:plain

エクセレントグループ入賞犬。

f:id:jerich:20160213223011j:plain

芝生と犬は最高の組み合わせなので加工してみました。

 

 

 

1999年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20190705091231j:plain

トリミングテーブル上でポーズを取っています。彫刻のようですね!

 

 

 

 

200X年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20190705091242j:plain

こうして触審されます。

 

f:id:jerich:20190705091253j:plain

上と同じ犬かどうかはもう覚えていないのですが、腰のダイヤ模様が主人公っぽいですね!

奥側アフガン・ハウンドの不思議な後ろ姿もお楽しみください。

 

 

 

200X年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20190705092147j:plain

一見、グレーハウンドかと思うほど伸びやかな体型です。

ところでウィペットの毛色はあらゆる色が公式に認められているらしいのですが、この淡いブリンドルの遺伝子を持つ血統は姿形が美しいんですか?ウィペット界で人気の色なのですか?私が見た限りではずいぶん入賞している印象でした。

 

 

f:id:jerich:20190705092216j:plain

f:id:jerich:20190705092227j:plain

こちら2枚は、ショー観戦に来ていた純白ウィペット。

たいへん珍しいですね!!

 私、1度横を通り過ぎて「えっ!?」と思い、戻って声を掛けるという怪しい動きをしたのに、快く撮らせてくださいました。