もう決して会えない











喪失と孤独から

目を逸らさずに