届きそうだからこそ








目指さずにはいられなかった