永遠のなかの庭園

毎年恒例、画像処理能力の限界〜

飛ぶように





進んでゆける





どこであろうとも