わんわん大サーカス

本日は昭島モリタウンでわんわん大サーカスを観ました。

 

大変暑い日でしたが、モリタウンは動物系イベントも室内開催してくれています。私は犬のサーカスを観るのは初めてですが、同じ場所でのふれあい動物園(移動動物園なので常設ではありません)には何度も行っています。

 

サーカス犬と言えばまずプードルが頭に浮かびます。背骨の構造が人とよく似ていて直立歩行が得意だとどこかで耳にした覚えがあります。

ただ、人気犬種になってしまうとどんな子でも売れてしまうせいで乱繁殖になるので、最近のプードルの骨格は心配ですね。

 

プードルと他犬種との違いを見たいと思っていたのですが、プードルよりもミックス犬が活躍していて、雑種犬*1大好きな私は大興奮でした。

 

こんなにダイナミックに跳ぶなんて!▼

 

そして、私が雑種犬を選んだのは「留守番させる事が多いので日本の気候に合った犬の方が安心、でも日本犬って訓練入りにくいよね」という計算高い理由で、洋犬の血が入って性格がマイルドになった日本犬雑種に楽させてもらったのですが、柴犬もやればできる!!この格好で縄跳びです。▼

 

そしてこれ。他の犬の背中に足を置くなんて事をして、どうして平気なんだろうと思ったのですが、みんなすんなり楽しそうでした。かなりレベル高いですよね?

(そんな事をごちゃごちゃ考えなくても、実際見れば平和なのは分かると思います)▼

 

 

サーカス所属の全35頭のうち1/3が元捨て犬だったそうで、その点からも「犬」を見直しました。

 

みんないつまでも流行に流されていないで、自分だけの原石を、自分で頑張って磨くのが当たり前になればいいですね! 

*1:「ミックス犬」「雑種犬」と表記がバラバラですが、好きこのんで雑種犬を飼っていた私としては雑種犬で何が悪い?と思う一方、余所様のご愛犬に差別用語を投げかけているように聞こえるのは本意ではない…という心の揺れが表れています。