永遠のなかの庭園

写真を撮る機会が激減しております

狭間に生きる命へ光を





咲いても枯れても

必ずどこかの星が見届ける