永遠のなかの庭園

毎年恒例、画像処理能力の限界〜

もう奏でることのない音





私が終わらせたことでも

誰かにとってはこれからの夢