2018 医獣祭 犬・大変身!

「ペットショー」シリーズはこちら。 

 

ペットショーもかなりハイセンスなファッションショー状態でしたが、ペットショーの後には早着替え対決?がありました。

 

※画像26枚※

 

f:id:jerich:20181113000439j:plain

こんな風に箱が2つあり、それぞれかぶりものとマントが入っています。

飼い主さんのくじ引きでお題が決まり、お題に合った衣装を箱から探し当てて犬に着せます。

f:id:jerich:20181113000441j:plain

トナカイの頭に虎のマント!?ぬえ?

(失敗例はケネルクラブ犬の紬ちゃんが体を張って見せてくれています)

 

f:id:jerich:20181113000444j:plain

全体像が掴みやすい画像を撮らなかったのですが、2チームに分かれてのタイムトライアルです。ダックスちゃんの勝ち。

 

f:id:jerich:20181113000446j:plain

f:id:jerich:20181113000449j:plain

f:id:jerich:20181113001654j:plain

f:id:jerich:20181113001657j:plain

イノシシ!

来年の干支を引いたらラッキーですね!

 

f:id:jerich:20181113001700j:plain

日本テリア。

 

f:id:jerich:20181113001703j:plain

f:id:jerich:20181113001706j:plain

 

f:id:jerich:20181113001825j:plain

これはクマさん。そう言えばクマ年って無いですね。

 

f:id:jerich:20181113001828j:plain

f:id:jerich:20181113001831j:plain

だるまも年賀状で映えるでしょうね!

装着した姿は、ケネルクラブの部員さんが撮ってくれているそうですよ。

 

f:id:jerich:20181113001835j:plain

f:id:jerich:20181113001839j:plain

f:id:jerich:20181113002356j:plain

獅子舞で再挑戦の紬ちゃん。

 

f:id:jerich:20181113002358j:plain

f:id:jerich:20181113002401j:plain

さっきから着せやすそうで撮りやすい、安定感抜群の日本スピッツですが、同じ飼い主さんが複数の犬で出場していました。

この落ち着きは、血筋によるものか訓練の巧みさか…?

 

f:id:jerich:20181113002404j:plain

あれっ、ミックス犬ですよね?

ケネルクラブ部員さんの愛犬じゃなくても出場できるのでしょうか?

 

f:id:jerich:20181113003437j:plain

f:id:jerich:20181113003440j:plain

f:id:jerich:20181113003443j:plain

これは可愛い!!自分でも解ってる笑顔!

 

f:id:jerich:20181113003446j:plain

大変、前が見えない!!

ペットショーでロングヘアーを見せてくれた犬ですよね。

今、長い毛は「ラッピング」されています。やっぱり本格的!

 

f:id:jerich:20181113003448j:plain

f:id:jerich:20181113003524j:plain

ジャック・ラッセル・テリア

笑われそうで心配…?帽子で耳が聴こえにくい?
私の愛犬も若い頃は冗談が通じないタイプでしたが、こんな真顔もきっと楽しい思い出になることでしょう。

 

f:id:jerich:20181113003527j:plain

バッチリお洒落さん☆

 

 

クリスマスツリー、サンタ帽、だるま、鏡餅のような高さのあるものが難易度高そうですよね!

この衣装、学生さんの手作りでしょうか?

 

 

こんな感じで続くのですが、時々雨が降った事もあり、寒くてステージを離れました。

 

 

明日は館内をうろうろしますよ!

ST. BERNARD

セント・バーナード

 

 

 

199X年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20181112060605j:plain

堂々とした素晴らしい犬です。ロングヘアード。

 

f:id:jerich:20181112060607j:plain

セント・バーナードがこんなに沢山!と興奮しました。

 

 

 

1993年

JKCクラブ展?

f:id:jerich:20181112060610j:plain

おそらくロングヘアードの仔犬。

 

f:id:jerich:20181112060612j:plain

おそらくショートヘアードの仔犬。

まだ2カ月か3カ月とおっしゃっていましたが、キャンピングテーブルからはみ出しそうです!どんな大物に育ったでしょうか。

 

 

 

1999年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20181112060615j:plain

おそらくロングヘアード。

 

f:id:jerich:20181112061801j:plain

白い犬 (ピレニーズ) より奥に居る3頭が見えにくいのですが、左から

ジャイアント・シュナウザー、スタンダード・シュナウザーグレート・デーングレート・ピレニーズニューファンドランドセント・バーナード、レオンベルガーです。

 

 

 

200X年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20181112061804j:plain

ショートヘアード。

 

f:id:jerich:20181112061806j:plain

ロングヘアード。

 

 

 

200X年

FCIアジアインターナショナルドッグショー

f:id:jerich:20181112061808j:plain

f:id:jerich:20181112061811j:plain

ロングヘアード。

 

 

セント・バーナードには、ショートヘアード (スムース・コート) とロングヘアード (ラフ・コート) 、2つのバラエティーがあります。

 

 

 

※以下、本のネタバレあり※

 

 

 

もし私がセント・バーナード命名するなら「バムゼ」にします。「バリー」はつけません。

歴史を変えた100匹の犬

歴史を変えた100匹の犬

 

並みいるヒーロー犬たちの中でも、セント・バーナードのバムゼのエピソードは輝いています。

 

 

ただ、こちらでは突然子供に噛みついているので、憧れだけで飼える犬種ではありません。どの犬にも言えることですが。

夜、でっかい犬が笑う (文春文庫)

夜、でっかい犬が笑う (文春文庫)

 

「昔の本棚」以前に読んだと思います。なかなか胸糞悪い本なのでご注意ください。

 

 

 

 

 

500…501!

f:id:jerich:20181111065017j:plain

ジブリ美術館、行ったことありません

実は昨日で500記事達成していたのですが、犬種グループを1つだけ後回しにするに忍びなくて。

いつも見てくださってありがとうございます!

 

  • 残念すぎるデータ
    • 数字は正直
    • PV
  • 功績のあった記事
    • ホットエントリー
    • マイホットエントリー
    • スマートニュースからの流入あり
  • 少し頑張りました
  • おわりに

 

続きを読む

2018 医獣祭 犬・犬・犬! 6

ようやく最後の10グループに辿り着きましたね!

 

 

 

 

 

 

※画像25枚※

 

  • 第10グループ(視覚ハウンド)
    • アフガン・ハウンド
    • ボルゾイ
    • イタリアン・グレーハウンド
    • ウィペット

 

続きを読む

2018 医獣祭 犬・犬・犬! 5

本日は、大人気の愛玩犬!

 

 

 

 

 

※画像50枚※

 

 

続きを読む

2018 医獣祭 犬・犬・犬! 4

前回のスピッツ系とは、ガラッと姿形が変わりますよ。

 

 

 

 

※画像28枚※

 

 

続きを読む

2018 医獣祭 犬・犬・犬! 3

どんどん行きましょう!


 

 

 ※画像41枚※

 

 

続きを読む

2018 医獣祭 犬・犬・犬! 2

ペットショー、まだまだ続きますよ。

 

 

ちなみに、このグループというのは、沢山ある犬種を作出された用途ごとに分類してあるもので、第10グループまであります。

 

※画像26枚※

 

 

続きを読む

2018 医獣祭 犬・犬・犬! 1

東京都武蔵野市

日本獣医生命科学大学

にて開催された、日本医科大学との合同大学祭レポートです。

 

去年、到着が遅れたせいでろくなレポートにならなかったのに、10月頃から検索流入があったので、何としても撮りたかったんですよね。

 ちなみに、ステージ開始は9:15でした。

 

 

※画像38枚※

 

f:id:jerich:20181105085521j:plain

 

続きを読む