立川・ヤギの3年間 2016-①

4月

f:id:jerich:20170922232645j:plain

お帰り!あなたは誰?

f:id:jerich:20170922232651j:plain

みかんです。

f:id:jerich:20170922232700j:plain

作業に戻ります。

2016年の春は、草をあらかじめ刈っておいてからスタートしたんですね。

冬毛なのか、フサフサとして可愛いですね。

 

5月

f:id:jerich:20170922232707j:plain

逆光。

 

6月

f:id:jerich:20170922232711j:plain

梅雨のさなかでも。

 

7月

f:id:jerich:20170922233959j:plain

「ジュン」と「ろく」、生後約1カ月

 

f:id:jerich:20160724195933j:plain

誕生日が違うので双子ではないはず

f:id:jerich:20170922234004j:plain

こんなに広いのに、子供同士べったり。

f:id:jerich:20170922234009j:plain

どちらのお母さんなのか

f:id:jerich:20170922234013j:plain

2匹とも「お母さーん」って

f:id:jerich:20160724195937j:plain

慕っているように見えました。

f:id:jerich:20170922234019j:plain

モノレールが通ります。

「ジュン」と「ろく」の可愛い姿を近くで見ることができて良かったです。この「お母さん」は「ぶどう」です。

 

f:id:jerich:20170922234136j:plain

夜もせっせと働いて。

f:id:jerich:20160725000800j:plain

立川は夢の中へ。

 

 

~おまけ~

f:id:jerich:20170922234139j:plain

ヤギの仕事は美しいですね。

 

立川・ヤギの3年間 2015

月末が近いのでフォトライフの容量を調整しつつ、また画像メインの記事を載せます。

 

東京都立川市に「除草隊」が派遣されるようになって3年。今年は撤収が早かったので寂しいですね。画像を探して懐かしみましょう。

2015年はまだ少ないのですが…

 

8月

f:id:jerich:20170921234600j:plain

ピントが怪しかったりしますが

f:id:jerich:20170921234604j:plain

せっかくなので

f:id:jerich:20170921234609j:plain

角が無いですね

f:id:jerich:20170921234613j:plain

「みかん」と「みさと」、わかりますか?

f:id:jerich:20170921234617j:plain

金網すみません。みかん。

f:id:jerich:20170921234755j:plain

子ヤギ!遠い!!

 

4月から来ていたらしいのですが、気づくのが遅かったですね。

名札に「やぎ」とわざわざ書いてあるのは、最初のうちは「コンシェルジュ」として羊が1頭混ざっていたからです。割とすぐ帰ってしまったので撮影できませんでした。

先日「立川で最初に生まれたのがくにあき」と書きましたが、この子ヤギは多分清水国明さん所有の無人島?生まれだと思います。

 

11月

f:id:jerich:20151119000456j:plain

どこどこ?子ヤギ!?

f:id:jerich:20170921234759j:plain

全然見えない…

f:id:jerich:20170921234803j:plain

寒くないかなあ

頭数も少なく、まだまだ草の方が勝っていました。

 

 

2016年は1記事におさまらないかも知れません。お楽しみに!

 

日本全国名付け紀行 「と」

「全国方言辞典」からの抜粋です。


全国方言辞典

全国方言辞典

 

※細心の注意を払って記事を作成していますが、かなり長期的な作業になるので間違いも出てくると思います。資料として使用される方は原典の確認をお願いいたします。※

※差別的表現が出てきますが、言葉と時代背景は切り離せないものなのでご理解のほどお願いいたします。※

f:id:jerich:20170920223140j:plain

とーか ①[東国] 夜間の狐の称呼。②[常陸] 白狐。③[常州真壁鹿島辺・茨城県北相馬郡・千葉・埼玉] 狐。
とーご ①[尾州] ははこぐさ。②[遠江] 緑豆。ぶんとう。*1③[常陸] 桶。
とーま [奄美大島] 平地。
とぅりぬみ [南島喜界島] 凪いだ海。*2
とき [宮崎県椎葉] 祭日などで休むこと。*3
ときより [奈良] 祭礼などの農家の休日。
とさ [三重県度会郡] 西南風。
しなもん [宮崎・鹿児島] 老人。
としのばん [宮崎・鹿児島] 大晦日。除夜。
としや [庄内・新潟] 大晦日。除夜。
とてこ [山形県米沢] 鶏の幼児語
とと ①[広島県双三郡] 犬の子。②[青森県三戸郡] 猫の幼児語。③[壱岐] えのころ草。
となかいる [南島宮古島] 黄色(卵色の意)。
とま ①[兵庫県美方郡・高知・宮崎県西諸県郡熊本県葦北郡] 鼬。②[新潟県西頸城郡] 農閑期。
とまこ [香川・徳島・高知] 鼬。
とます ①[丹波福井県大飯郡京都府何鹿郡・山口県豊浦郡・鹿児島] 鼬。②[三重県三重郡] (動詞)つかまえる。
とんとん ①[鹿児島] 遠方(幼児語)。②[広島県佐伯郡島根県鹿足郡] 虎杖。③[佐渡・福岡] 子息。坊ちゃん。

 

「どい」は「不毛地」「土手」「土を盛り上げて作った炭竈」「猪を防ぐための土手」「竈の周囲」「名主など大家の屋敷」(地方は省略します)。
「どいつ」は台所(群馬県碓氷郡)。
「どーじま」は「駒下駄」(九州)。私の中ではロールケーキです。
「とーせんぼー」は①「雹」(兵庫県養父郡)。②「二百十日」(長野)。③「春の雪消えの頃に昼頃から吹く東北の寒風」(新潟県高田)。
「とーぜんぼー」は「4月8日に吹く東風」(北海道)。
「とーへい」は痴漢(山口県萩市)。
「ときわ」は「気まぐれ」「気まぐれ者」(山口県玖珂郡・周防大島)。
「とこ」は「平坦な土地」「海草のあまり生えていない海中の瀬」「硯」「秋生れの猫(鳥を捕るという)」「畳」「果実のしん」「油糟」「量」(地方は省略します)。*4
「とことこ」(副詞)は「火の盛んにおこっているさま」(佐渡)。
「どじ」は「土地」「地面」「庭」「台所」「土間」「わけのわからぬ事」「しみたれ」(地方は省略します)。
「どすこい」(形容詞)は①狡猾(奈良県吉野郡)。②大きい(福井県大野郡・三重県度会郡・和歌山)。
「どすびっき」は「ひきがえる」(南部)。
「どたあし」は白蟻(長崎県五島)。足が大きいイメージではないです。
「どっきり」(副詞)は「満腹の感じ」(対馬熊本県南関)。
「どつく」(動詞)は「打つ」「なぐる」(大坂・仙台・福井県大飯郡・滋賀・三重県北牟婁郡・奈良・大阪・京都・兵庫)。知っている言葉ですが何故仙台?
「とっとこ」は①子犬(広島)。②鶏(栃木県那須郡・新潟)。
「とっぴー」は「いなご」「ばった」(鹿児島県種子島)。
「とっぽ」は「溝」「下水」「さるとりいばら」「筒」「つつ袖の着物」(地方は省略します)。
「とてらっぽ」は嘘(栃木県安蘇郡)。
「とところ」は子犬(広島)だけれど「ところ」は墓(南島)。
「ととろ」は「稲扱きの時の残った屑穂」(愛知県知多郡)。
「どみの」は簑(福井)。
「とも」は「田畑」「野良」「耕地」「踵」「黴毒」(地方は省略します)。
「とら」は「飼猫」「酒のなまよい」「束子」「まゆを作らない蚕」(地方は省略します)。
「とりまえまえ」は「旋毛の二つある人」(山口県大島)。
「どりゅー」は土龍(越後)。
「とろすけ」は「ばか者」「鈍物」(大分県日田郡・熊本)。ゆるキャラが居るようです。
「どろぼー」は「泥まみれ」「不身持者」「放蕩者」「横着」「わんぱく者」「よっぱらい」「人を罵って言う詞」「がき」「ちくしょう」「蝋燭のわきに垂れ下がる蝋」(地方は省略します)。
「とろろ」は「氷柱」(千葉)。
「どん」は「兄」「中年過の男の奉公人」「材木」「劣等」「びり」(地方は省略します)。
「とんがりほーじ」は「小規模の法事」(福井県大飯郡)。「とんがり帽子」に見えました。
「どんき」は鰌(山形県村山地方福島県北部)。
「とんこつ」は「屠殺場」「木製のたばこ入れ」「小児の頭にできる腫物」(地方は省略します)。
「どんた」は「阿呆」「馬鹿」「怠け者」(宮崎・大隅)。
「とんてき」は「軽卒」「そそっかしや」「おてんば」「阿呆者」(地方は省略します)。
「とんと」は「坊ちゃん」「玉蜀黍」「縁側」「酒の幼児語」「魚の骨など」「とげの幼児語」(地方は省略します)。*5
「どんびき」は「蛙」「ひきがえる」「蟇」(長野県東筑摩郡・岐阜・富山・福井・和歌山県東牟婁郡鳥取・島根・広島・山口・香川・愛媛・高知)。
「とんびねこ」は「牡猫」(和歌山県西牟婁郡)。*6
「どんぶり」は「淵」「水たまり」「汚水溜」「雪道の落し穴」「ぼうふり」「醜業婦」「風呂」「銭湯」「財布」「釣糸のおもり」(地方は省略します)。
「どんぶりこ」は「めだか」(徳島県海部郡)。
「どんべー」は魚籠(滋賀県東浅井郡)。
「どんべらこ」は海月(山口県玖珂郡)。
「とんぼ」は「頂上」「尖端」「梢」「入口」「戸」「大戸の敷居」「便所」「入口の雪防ぎ」「瘧」(地方は省略します)。

 

今回はなかなか酷い響きや意味の言葉が多い気がしますが、方言らしい方言だなあと思いました。

 

 

*1:Google検索では「ブンドウ」でした。

*2:「とり」は「海上の凪ぎ」「民家の入口の土間」「終り」「寄せなどの真打」(地方は省略します)。「とりぬみ」の位置に記載。

*3:「ときとき」は「忙わしいさま」(岩手県胆沢郡)。←「せわしい」?

*4:「とこさま」は鼬(宮崎県西諸県郡)。「とこさん」は仏壇(静岡)。

*5:「とんとき」は「粗忽」「軽卒な者」(津軽・新潟)。

*6:「とんび」は「手みやげ」「→ひるとんび(昼盗人)」「鑵子」「どびん」「おたまじゃくし」(地方は省略します)。

ヤギに名前をつけよう!

名付け親を目指し日夜努力を惜しまない私の許に、ブログ開設して初の命名チャンスが到来!!

※興奮してけっこうな長文になりました※

f:id:jerich:20170913235032j:plain

名前募集!


4頭分の名付けとなると採用率もアップするので、またとないチャンスですよね!ちょっと本腰入れて考えてみましょう。

 

~傾向と対策~

まず、元から居るヤギ達と名前がかぶってはいけない。基本中の基本ですね☆
「立川立飛みどり地区」Facebookがあるのでチェックしていきます。


これが今年立川に来ていた(&生まれた)メンバー。

食べ物
チョコ
ミルク
あんこ

果物(ひらがな)全員メスかも
みかん
りんご

植物(ひらがな)全員オスかも
たんぽぽ
どんぐり
わたげ

生まれ月(めいの誕生日は知らないのですが多分)
ジュン
ろく
めい

立川市の町名(ひらがな。実際の町は全部漢字です)
みどり
いずみ
さかえ
かしわ

その他?(ひらがな)
みさと
ゆき

去年立川で生まれたのが「ジュン」と「ろく」(公募じゃなかったと思います)。
今年立川で生まれ、公募で名前が決まったのが「わたげ」です。
(この時は仔ヤギに気付いた時点でもう名前も発表されていたので応募していません)


あと、私が知っているヤギは少ないのですが、過去に
ぶどう
も来ていて、

くにあき
が、多分立川で一番最初に生まれました。

「くにあき」は立川市国立市昭島市の間にあるからだと思い込んでいましたが、タレントの清水国明さんがヤギ達をスカウトしたとの事で、そこからの命名でしょう。

 

今回名前を募集しているヤギ達の生誕地であり、冬季などに里帰りする「那須りんどう湖」の動物達の名前リストも入手したい所だったのですが、一覧表は見つからず。

那須りんどう湖 LAKE VIEWのFacebook記事を少し遡ると、ヤギは「モモコ」とその子供「スモモ」が居るようです。
アルパカの「チョコ」が居たので別種の動物とは名前がかぶっても問題無いのでしょうか?
那須りんどう湖の公募で決まった羊の名前は「てんりゅうくん」「福寿くん」「ちょこりんちゃん」など、立川のヤギより複雑な感じでした。

 

~さあ考えましょう~

f:id:jerich:20170913235032j:plain

再度画像を。

①②は「みどり地区」の「みどり」が産んだ「双子」ですからね。きっと力作が殺到していることでしょう。9月1日生まれ、両方オス。

グリーン
ドリーム
「みどり」のグリーン、み「どり」のドリームなのですが、これじゃあただの宝くじでしょうか(季節的にオータムでしょ)。
ハイパー
レスキュー
立川防災館があるのは泉町ですが気にしない☆
やっぱり防災の日ですし、最近話題にしたばかりですがハイパーレスキュー隊立川市の誇りですよね!
しょう(消防車)
きゅう(救急車)
の方が世界観が合っていて可能性が高い気もします。

ちなみに、「みどり」に合わせて町名にすると「ふじみ」「しばさき」「にしき」「はごろも」「あけぼの」「たかまつ」「すながわ」「わかば」「さいわい」「かみすな」「いちばん」「にしすな」から選ぶ事になり、お正月頃の生まれだったら「ふじみ」と「にしき」もありだったかもですが。
双子っぽいのは「かみすな」と「にしすな」ですが、あまりにローカルすぎる名前は那須りんどう湖の方でお客さんが覚えられずに呼んで貰えなさそうですよね。

 

9月6日生まれのオス。「ゆき」の子供。

クロックムッシュ
96+立派なヤギひげの紳士になって欲しいから。
ペットに食べ物の名前を付けると長生きするらしいですし*1似合うとは思うんですけれども、採用されない事は明らかですよね~。
くるり
立川市キャラクター「くるりん」のほっぺのような9月6日に誕生(9が裏返っているのは気にしちゃいけない!)。くるりんのしっぽはコブシの花だけれど、ヤギの耳とかしっぽもコブシの花びらにそっくり!絶対立川に戻って来てね!との願いを込めて。*2
ポール
「ゆき」からの連想。立川市の、みどり地区からもそう遠くない場所に「国立極地研究所」があるので「極地」の "Pole" です。

f:id:jerich:20170913235020j:plain

くるりんのほっぺ

 

今回唯一の女の子で、「あんこ」の子供。9月8日生まれ。

つきみ
9月、月見だんご。9も8もおだんごみたいにまるっこいですし。あんこの子供は和菓子にしたくなりますし。
ちなみに「しらたま」「クリーム」「プリン」は前回公募時に選外佳作のような扱いで発表されていました。「立川立飛みどり地区」Facebookに掲載。
たまこ
9月8日の誕生花が白くて可憐な「タマスダレ」でした。勿論「多摩の子」の意味も込めて。
りんりん
りんどうの花が咲き始める頃、那須りんどう湖で生まれた子。仲間のヤギに「りんご」が居るので「りんどう」「りんこ」「りん」は紛らわしいと思い「りんりん」にしました。

f:id:jerich:20170919235226j:plain

タマスダレ

 

~あとがき~

こんな感じでメール応募を済ませました。

多数決で選ばれるものでもないと思うので、何通も送りません。迷惑になりますし。

私にしてはニーズに沿った案が出せたと思うのですが、一番希望があるのは「つきみ」でしょうか?

選外佳作は「クロックムッシュ」に託しました!?*3

 

名前を選ぶ役、やってみたいですがかなり悩むでしょうね!

担当の方、お疲れ様です!決定を楽しみに待っています!

 

f:id:jerich:20160809205644j:plain

これは「ジュン」か「ろく」の子供の頃

 

 

*1:今年辺りに知ったので私の命名リストに食べ物の名前はとても少ないです。安っぽいと思って避けていました…。

*2:そう言えばくるりんってオスかメスか明記されていませんね。

*3:「クリスチャーノロナウド17世」ってのもあったので余裕でいけるはず!

日本全国名付け紀行 「て」

「全国方言辞典」からの抜粋です。


全国方言辞典

全国方言辞典

 

※細心の注意を払って記事を作成していますが、かなり長期的な作業になるので間違いも出てくると思います。資料として使用される方は原典の確認をお願いいたします。※

※差別的表現が出てきますが、言葉と時代背景は切り離せないものなのでご理解のほどお願いいたします。※

てーだ [南島] 太陽。
でーでー ①[福島県伊達郡] 兄。②[栃木県芳賀郡群馬県佐波郡] 神楽。*1
でーなん [千葉県安房郡千倉] 遠くの沖合。
てしー [南島国島] 暗礁。*2
てしゃ ①[仙台] 剣槍の上手。②[対馬・鹿児島] 相撲の巧者。*3
てしゅ [石見] 濁酒。
てだ [南島] 日。太陽。
てと ①[鹿児島県東南方村] 父。②[和歌山県東牟婁郡] しんがり。終。
でな [岩手県和賀郡・宮城・山形・福島] 出額。おでこ。
てなご [茨城県真壁郡] 丹精。*4
てなむ [宮崎県西諸県郡熊本県宇土郡・鹿児島] (動詞)連れだつ。伴う。*5
でなん [青森県上北郡] 沖合。*6 

f:id:jerich:20170918232805j:plain
「でーろでーろ」は「蝸牛」(群馬県吾妻郡・埼玉県秩父郡)。
「てこな」は蝶(津軽・青森)。手に粉が付く?
「てつ」は①「河豚」(大坂)。②「茶碗酒」(長野)。
「てぶら」は蝶(岩手県釜石)。手荷物があったら飛べませんよね。
「てれすけ」は「愚鈍者」「ばか」(熊本)。*7
「てれる」(動詞)は「赤くなる」「赤面する」「恥をかく」「手持無沙汰になる」「見劣りする」「灼熱する」「消える」「かげる」「炭火が灰になる」(地方は省略します)。
「てんかつじ」は「山頂」「嶺」(岐阜県大野郡)。*8
「てんくゎっちょ」は「おてんば」(熊本)。
「てんかぼし」は「炎天下に無帽でいること」(愛媛県喜多郡)。
「てんがらこ」は蝶(岩手県九戸郡)。
「でんき」は①「傷痕」(南島石垣島)。②「意地」「頑迷」(山口県玖珂郡・周防大島)。
「てんじん」は①「大夫の下の遊女」(上方)。②「よたか」(長崎)。
「てんぷら」は「木の頂」「こんにゃくの煮た物」「鰯の団子汁」「焼魚に葱の煮た物を添えた料理」(地方は省略します)。*9
「でんべらこ」は「蝸牛」(神奈川県三浦郡)。
「てんよ」は心太(仙台)。
「てんりょー」は「いたずら」(山口県玖珂郡)。

 

 

 

*1:「でーで」は「蝸牛」(福井県大飯郡)。

*2:国島?国頭だと思ったけれど。

*3:「てしゃぐ」(動詞)は「破壊する」(福井県大飯郡)。

*4:「てなごがいい」は「よく面倒などをみること」(埼玉県北葛飾郡)。

*5:Google検索すると焼肉屋が沢山出てきました。韓国語で「竹」だそうです。

*6:「ディナン」はベルギーの都市のようです。

*7:「でれすけ」も同じ意味(福島・関東)。

*8:「てんか」は禿頭(長野県下水内郡)。

*9:「てんぷらおんな」は私娼(静岡県田方郡)。

犬看板集合! 番外9

『9=救』ということで、ちょっと特別編をお送りします。

今回も東京都郊外からお届けします!

 

※看板シリーズにしては文章がかなり多いです※

 

~プロローグ~

去年8月、偶然通りかかった東中神駅前(昭島市)でお祭りをやっていて、自衛隊のバンドの演奏に惹かれてパレードを観ていたら…

f:id:jerich:20170917221708j:plain

立川市の誇る…

f:id:jerich:20170917221713j:plain

ハイパーレスキュー隊が!

救急車(スーパーアンビュランス!格好いい!)の助手席の方がわざわざ窓を開けて下さったので手を振ったりしていて、その場では気づかなかったのですが。

f:id:jerich:20170917225248j:plain

あれっ?

犬ですよね?

ずっと気になっていたので行ってきたのです。

 

立川防災館へ!!

  

~さあ始まります~

館内入ってすぐ(名前等書いて受付に渡してからですが)の左側に、子供を乗せて写真が撮れる小さい消防車があり、その側面に…

f:id:jerich:20170917222113j:plain

うわっ!これはお宝!!

 

f:id:jerich:20170917222120j:plain

とても格好いいです

f:id:jerich:20170917222125j:plain

色だけでなく、こだわりが満載。

f:id:jerich:20170917222130j:plain

瞳の輝きがハイパーです!

濃い青地の「特別救助隊」エンブレムは接写しようとするとタブレットの影を四角く反射してしまい、個別撮影は断念しました。

 

f:id:jerich:20170917222138j:plain

館内の防災図書室の棚の上に。

f:id:jerich:20170917222233j:plain

シュナウザーと一緒に、ゲームで防災!


単独行だったので、展示を見て、タッチパネル等1人でできるゲームをして、東日本の映像を観て帰ったのですが、団体で各種体験を申し込めば楽しいのではないかと思います。

 

 

ところで、エンブレムの犬はスムース・コートのセント・バーナードでしょうか?かの有名なバリー号もスムース・コートっぽいですし。

 

セント・バーナード水難救助は無理なんじゃない?…と、ちょっと犬に詳しい人なら思うはず。

でも私はこの本に出て来たセント・バーナードの軍用犬(名前はバムゼ?バムセ?)ならやれると思います。私の知っているセント・バーナードの中で最高の犬が登場します。

歴史を変えた100匹の犬

歴史を変えた100匹の犬

 

 涙なくして読めないので、職場の休み時間用には不向きです!

(100頭それぞれのエピソードで、少しずつ読むには向いていますが)

 

 

~おまけ~

軍用犬と言えば、K-9も「9」にふさわしい存在ですね。

2017年9月16日と9月17日は横田基地の日米友好祭があり、行くつもりだったのですが、出がけに雨に降られてしまい防災館に変更したのです。

 

去年は軍用犬デモンストレーションを観ましたよ!

f:id:jerich:20170917235201j:plain

見事な自制心

襲撃中に侵入者が抵抗をやめれば犬も止まります。これが実戦か…。

(指導手はずっと左に居ます)

 

 
「9」の犬達は凄いですね!!

  

日本全国名付け紀行 「つ」

「全国方言辞典」からの抜粋です。


全国方言辞典

全国方言辞典

 

※細心の注意を払って記事を作成していますが、かなり長期的な作業になるので間違いも出てくると思います。資料として使用される方は原典の確認をお願いいたします。※

※差別的表現が出てきますが、言葉と時代背景は切り離せないものなのでご理解のほどお願いいたします。※

つーくむ [鹿児島県沖永良部島] 入道雲。*1
つおる [青森] (動詞)顔を上に向ける。*2
つかさ [神奈川県三浦郡伊豆大島] その中でいちばん大きなもの。
つぎごー [岡山] つぎはぎした着物。
つぐ ①[仙台・栃木県安蘇郡群馬県山田郡] 鶇。②[南島・伊豆大島] 棕櫚。③[愛媛県大三島] しゅろ縄。④[愛知] (動詞) つむぐ。
つくぐる [南島八重山] 梟。
つとら [茨城県行方郡] 氷柱。
つばさ [筑後久留米・広島・愛媛・福岡・佐賀・長崎] 燕。

 

 


「つがる」(動詞)は「はっきり約束しておくこと」「だめをおす」(対馬)。
「つき」は①「支柱」(富山県福野地方)。②「容貌」「風采」(奈良・大阪・京都・和歌山・淡路島・徳島・高知)。
「つくねあがる」(動詞) は「つけあがる」「うぬぼれる」(富山)。美味しそうだから許す!
「つじ」は「市場」「共有」「先端」「頂上」「真盛り」「旋毛」「首長」「ほど(助詞)」(地方は省略します)。
「つちのこ」は「藁を打つ木槌」(岐阜県養老郡滋賀県東浅井郡三重県南牟婁郡・和歌山)。
「つちや」は「頭の腫物」(千葉県夷隅郡)。
「つっつぁ」は父(岐阜県郡上郡・石川県石川郡)。発音難しいですね。
「つどろかえどろ」は「蝸牛」(富山県下新川郡)。
「つぬしゃ」は「こおろぎ」(南島宮古島)。
「つりかわ」は井戸(長崎県北高来郡)。
「つるつる」(副詞)は「少しまどろむさま」「うつらうつら」(鹿児島県肝属郡)。

 

 

 

*1:「つ」は「鱗」「土地の便」「涎」、「つー」は「甲」「かさぶた」「蔕」「糞」「一斗桝」(地方は省略します)。

*2:「つえる」(動詞)は「くずれる」(和歌山・四国・岡山・広島・島根・山口)。

犬看板集合! その10

※食事中の閲覧はお控え下さい※  念のため

 

「犬看板集合!」シリーズ、本編だけでも2桁に届いたのが嬉しいです。

いつも見て下さる皆様のお陰で、私もワクワクしながら紹介しております。ありがとうございます!

 

今回の撮影場所も東京都郊外です。

 

 

さあ、思い切った色彩でお祝いしましょう!

f:id:jerich:20170915233516j:plain

いい笑顔をありがとう!

 

 

こちらも華があって素敵な看板ですね!

f:id:jerich:20170915233519j:plain

コリーはすごく飼いたかった犬種でもあります。

 

 

こちらも国分寺市です。

f:id:jerich:20170915233524j:plain

美しい街です!

 

 

あひるじゃないよ

f:id:jerich:20170915233643j:plain

左下には「尿も水で流しましょう」と書いてあります。

右下は読めなかったのですが…

 

 

多分答えはこちら。

f:id:jerich:20170915233647j:plain

「(市章)ほっとするね緑の府中」

 

 

退色?色違い?

f:id:jerich:20170915233653j:plain

どちらだと思いますか?

日本全国名付け紀行 「ち」

「全国方言辞典」からの抜粋です。


全国方言辞典

全国方言辞典

 

※細心の注意を払って記事を作成していますが、かなり長期的な作業になるので間違いも出てくると思います。資料として使用される方は原典の確認をお願いいたします。※

※差別的表現が出てきますが、言葉と時代背景は切り離せないものなのでご理解のほどお願いいたします。※

ちかか [宮城県登米郡] 乳母。*1
ちちゅけ [熊本県葦北郡] 蝶。
ちゃこ ①[青森] 次男。②[秋田・山形] 猫。
ちゃちゃ ①[山形県村山地方福島県北部] 父。②[会津佐渡新潟県南魚沼郡三重県南牟婁郡和歌山県西牟婁郡] 母。③[長崎県五島]嬰児。④[大坂] 茶。⑤[大阪] 茶の幼児語
ちゃっちゃ ①[千葉県山武郡伊豆大島・神奈川県津久井郡和歌山県西牟婁郡・淡路島・高知県幡多郡種子島] 鶯。②[群馬県勢多郡広島県向島愛媛県中島・福岡県早良郡長崎県千々石] みそさざい。③[栃木県河内郡・千葉県夷隅郡・長野県上田・鳥取県米子・出雲・長崎県五島・南島国頭] 父。
ちゃっぺ [津軽・秋田] 猫。*2
ちゃんりー [静岡県浜松] 目じりの下った者。
ちゅーる [長崎県南高来郡] (動詞)走る。*3
ちょい [長野県更級郡] 猫。*4
ちょーこ [京都・兵庫・岡山・香川県小豆島・徳島] 蝶。
ちょーっぱ [茨城県真壁郡] 蝶。

 

 

 

 

「ちー」は「にきび」「乳」「乳母」「母」「里子」「嬢ちゃん」「他家の幼児」「敬称の辞」(地方は省略します)。
「ちーこ」は①「お嬢さん」(石川県江沼郡・福井県坂井郡)。②「母子草」(静岡)。
「ちーさん」は「お嬢さん」(福井・京都)。
「ちーちーぼー」は三男(山梨)。
「ちーぼー」は次男(山梨)。*5これ予測できましたよね。
「ちぇ」は一重。「チェ花」(南島)。
「ちぇちょ」は「父の卑語」(鹿児島)。「オヤジ」みたいな感じでしょうか?
「ちかづき」は「女色」「密通」(九州及び中国・筑後久留米・熊本)。
「ちぐさ」は「ががいも」(京)。
「ちくし」(副詞)は「少し」(山口県玖珂郡・周防大島)。
「ちっち」は「若布の葉」(三重県志摩郡)。
「ちば」は「初生歯」(壱岐)。「乳歯」か。一瞬理解不能でした。
「ちび」は①「吝嗇者」(岩手・新潟県頸城地方・栃木・長野県下水内郡三重県南牟婁郡和歌山県東牟婁郡奈良県吉野郡・岡山)。②「尻」「肛門」(南島宮古島)。*6
「ちべ」は放屁(栃木県河内郡)。
「ちみどりさん」(副詞)は「血だらけ」(筑前・肥後菊池郡)。
「ちゃか」は「頭にある禿」(山梨)。
「ちゃちゃっぽ」は蒲公英(群馬県勢多郡)。
「ちゅちゅかぜ」は「木枯の風」(奈良)。
「ちゅっ」は唾(宮崎県西諸県郡・薩摩)。
「ちょーじ」は①「燈心の頭にできる火糞のかたまり」(和歌山)。②虹(石川県能美郡)。
「ちょーたろー」は①「渓流などにしかける仕掛の米搗」(鳥取)。②「どんぐりで作った彌次郎兵衛玩具」(長野県上田)。③「他人を愚弄していう語」(長野県上田)。
「ちょーはち」は「出過ぎ者」(尾張愛知郡)。
「ちょこ」は①「蟻地獄」(長野)。②「猫を呼ぶ時の詞」(新潟県西蒲原郡愛媛県喜多郡)。③「銚子」「徳利」(伊豆大島)。
「ちょこちょこばーさん」は「蟻地獄」(静岡県志太郡)。
「ちょっかい」は①「猫の戯れ」(兵庫県西宮)。②「猫の手」(山梨)。③「左利き」(山梨・新潟)。
「ちょびい」(形容詞)は「小さい」(山梨)。*7
「ちろ」は「醤油のかび」(隠岐)。
「ちろりん」は氷柱(広島県能美島長崎県生月村)。*8
「ちわちわ」は①「担い棒などのたわむさま」(壱岐)。②「嬰児が乳をむさぼり飲むさま」(壱岐)。③「急がしそうなさま」(宮崎県都城)。*9
「ちんちら」は①「松かさ」(奈良・京都)。②「短い着物」(宮崎県都城)。
「ちんぴら」は「子供」「小僧っ子」(京都)。

 

そう言えば「チロ」や「チャッピー」、最近では「チョビ」など、雰囲気は分かるけれど改めて考えると意味が曖昧ですね。

 

 

 

 

*1:「ちかがしこい」(形容詞)は「狡猾な」(徳島県美馬郡)。

*2:「ちゃぺ」も猫(青森県上北郡・山形)だけれど「唾」(和歌山)でもあり。

*3:「ちゅーるる」(動詞)は「威張る」(大分県西国東郡)。

*4:「ちょいかける」は「犬などをけしかける」(宮城県亘理郡福島県相馬郡)。

*5:「ちいぼ」は①腫物(伊豆御蔵島)。②にきび(長野県南佐久郡)。

*6:犬の名前としては全国的にメジャーだと思っていたのですが、これらの地域でも命名されていたのでしょうか?…ここに書けないもう一つの意味もありました。

*7:Google検索では「生意気」(甲州弁)と出ました。

*8:「ちろり」は①「酒の燗をつける金物の容器」(大阪)。②「水など入れる壜」(加賀)。

*9:「急がしそう」は原文ママ

はたらくるりん

先日くるりん」の話題が出たのでコツコツ貯めていたくるりん画像を集めたのですが、くるりんはとても働き者だと判りました。

 

こちらがその先日の話になります。

jerich.hatenablog.com

 

まず、JR立川駅北口のペデストリアンデッキ上で、通勤・通学の皆様や観光客の皆様を、見守りそしてお出迎え。

f:id:jerich:20170913235009j:plain

当初は「くるりんが立体化されても、くるくるがはみ出してないと可愛さ半減だろうな…」と期待していなかったのですが、その辺のポイントがおさえてあって感激しました。

 

 

バスも運行しています。

f:id:jerich:20170913235014j:plain

見かけないと思ったら本数が少ない

f:id:jerich:20170913235020j:plain

ルートにより色が違うんでしょうか?

丈夫な足腰をしているので乗った事はありません。

(2017年6月撮影時点での時刻表とルートです)

 

 

人気者なのに、汚れ仕事もいとわず。

f:id:jerich:20170913235027j:plain

ボロボロで可哀想

 

市民の安全がくるりんの願い。

f:id:jerich:20170913235350j:plain

駐輪場出口

変質者みたいなので撮影はできませんが、小学1年生の黄色いランドセルカバーにもくるりんが描いてあるんですよ!私だったら進級したくなくなっちゃう。

 

 

子ども未来センターにて。

f:id:jerich:20170913235357j:plain

このイラスト、再来年登場するマンホールの図案に似ていますね。

 

 

 くるりんスマス

f:id:jerich:20170913235401j:plain

ツリーだって

f:id:jerich:20170913235406j:plain

ほら、くるり

2015年サンサンロードにて撮影。去年は変化をつけようと国立市に撮りに行ってしまい、どんなだったか覚えていません。

 

 

最後に、見て下さった皆様へ。