永遠のなかの庭園

写真を撮る機会が激減しております

同じ繰り返しの月と日を





新鮮に感じるのは

生きて

変化している証拠